FC2ブログ

中論・12-9 飽くまでも自己責任

第九頌 飽くまでも自己責任

西嶋先生の訳
(自分と他人との)両方によって作られた行為が、恐らく苦しみの原因であると考えられる場合でも、(自分と他人とは)恐らく一人一人別々の行為であろう。

他人のやった行為ではなく自分のやった行為が苦しみの原因であるという考え方の、一体何処に不合理な点があろう。




中論を勉強しています
自分と他人との両方による行為が原因で苦しみが生まれた場合、自分と他人とは恐らく一人一人別々の行為をしているのであるから、もしも苦しみが在るとしたら自分と他人とは別々の苦しみを作り出したのであろう。

自分と他人との両方による行為が原因で苦しみが生まれた場合、他人の行為ではなく自分の行為が苦しみの原因であるという考え方の何処に理屈に合わない事があるのであろう。

坐禅をしました
自分と他人の行為によって生まれた苦しみがあるならば、恐らくその苦しみは自分と他人との一人一人別々の行為によって生まれた別々の苦しみである。もしも苦しみがあるとしてもそれは自分と他人の両方の行為によって生まれた苦しみではない。

他人の行為と自分の行為が一体となって生まれる苦しみは根拠のない妄想である。苦しみは主観的なものであり他人は関係のないことである。他人のやった行為ではなく自分のやった行為が苦しみの原因であるという考え方の、一体何処に不合理な点があろう。



※自分と他人が協力した行為により苦しみが生まれた場合、恐らく自分の苦しみは他人の行為が原因だと考える。しかし自分と他人とは別々の存在であるから行為も別々のものであるし苦しみも別々のものである。もしも苦しみが在るとすればやはり自分の行為によって生まれたくるしみであろう。

※自分と他人が一体となる事はあり得ない事、だから他人の実行と自分の実行が一体となって生まれる苦しみなどは現実にはあり得ない。例えば株を誰かに勧められてお互いが株を買った後に株が暴落し評価損を出してしまった。株が暴落してもその株の買入を決めたのは明らかに自分であり誰のせいでもない、あくまでも株の評価損を受け入れるのは自分だけの問題である。やはり自分の苦しみは自分自身の問題でありそれ以外のものに苦しみの原因を求めるのは理屈に合わないものである。




コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。68歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事