FC2ブログ

中論・9-1頌 瞬前の存在

第一頌 瞬前の存在

西嶋先生の訳
見たり聞いたりすることその他さまざまの感受作用が、現在の瞬間において正に顕示されている。

そしてそのようなさまざまの感受作用に先行して、現実が単一な形で実在すると云われている。




中論を勉強しています
何かを見たり何かを聞いたりする様々の感受作用が、現在の瞬間において存在する事は確かな事である。

そしてそのような感受作用の直前において、たった一回限りの現実がすでに実在していると主張されている。

坐禅をしました
我々が何かを見たり何かを聞いたりする働きである様々の感受作用が、現在の瞬間において存在することは確かな事実である。

そしてその様な感受作用が働く直前において、感受作用が働く次の現実が一回限りの現実として既に存在すると主張されている。



※現在の瞬間を理解することはなかなか難しく、少しでも理解する方法として現在の瞬間の直前も考えてみると、現在の瞬間の状態と瞬前の状態は非常に近い状態ではあるが決して同じではない。瞬前の状態ではない事が現在の瞬間の状態である。

※瞬前というものは想像が出来ない程の短い未来と云う、あくまでも一つの考え方であって決して現実ではない。





コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。68歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事