中論・8-6頌 自由の獲得と道義

第六頌 自由の獲得と道義

西嶋先生の訳
結果に関連して淡白でないと、自由自在の境涯も存在しないし、至福な境涯も現われて来ない。

道義がすべての行為の実行の中に含まれている場合には、目的という考え方の否定に固執し過ぎることも、一種の拘わりである。




中論を勉強しています
結果に対して淡白が良い、何故ならば結果に捉われると自由自在の境涯も存在しないし、結果に捉われると至福な境涯も現われて来ない。

道義が全ての行いの中に必ずある場合には、目的を持ってはならないと言う事に拘り過ぎる事も、拘りの一つであり決して正しい事ではない。

坐禅をしました
結果というものは頭で考えた観念であるから結果には何も実在していない、だから結果に対して余り拘らない方が良い。もしも結果を頼りにすると自分の思い通りになる境涯もなくなるし、そして結果を頼りにすると自分が幸せだと感じる境涯も現われて来なくなる。

「人が人として行うべき正しい道筋」と言う道義が全ての行いの中にある場合には、その行いにおいて決して目的を持ってはならないと決めつけるならば、それは拘り過ぎであり決して正しい事ではない。



*道義=人が人として行うべき正しい道筋

※何のわだかまりのない自由自在の環境の中に結果を持ち込むと、その結果というものがわだかまりになって自由自在ではいられなくなる。
※望ましい状態という結果は存在する訳ではない、瞬間瞬間の状態が少しずつ変化して望ましい状態に近づいていく事があっても決して望ましい状態そのものになる事はない。何故ならば望ましい状態という結果は頭で考えた内容であって現実ではない。

※人は時として自分の行いには道理があると思い込んで行動する場合がある。その行動が行き過ぎると行動することが第一となり何故に行動するのかという目的を無視し、目的を持つ行動を軽蔑するまでになる。そこまで行きついた行為の実行は目的という考え方の否定に拘り過ぎている。
※坐禅は道義に沿っている、坐禅は結果を求めないし意図的な目的も持っていない。




コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。67歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事