FC2ブログ

中論・7-33頌 綜合的な客観世界と現実の世界

第三十三頌 綜合的な客観世界と現実の世界 

西嶋先生の訳
綜合的な客観世界は、生起、継続、消滅(という時間的な推移)の中には実在し得ないし、現実的でないものの中にも実在し得ない。

綜合的な客観世界がまだ充分に現実的なものになっていない場合には、綜合的な客観世界でない世界が実現するということも、将来といえども決してあり得ない。




中論を勉強しています
生起、継続、消滅は現在の瞬間の具体的な事実として綜合的な客観世界である。しかし生起、継続、消滅を時間的な推移の中において考えるならば綜合的な客観世界は生起、継続、消滅(という時間的な推移)の中に実在しない。そして頭で考えたものの中にも綜合的な客観世界は実在しない。

綜合的な客観世界がまだ具体的に実現していない場合には、いくら想像した綜合的な客観世界を実現させようとしても今直ぐに目の前に現われる事は決してない。

坐禅をしました
まず綜合的な客観世界は現在の瞬間の実在である、そして生起、継続、消滅は現在の瞬間の事実であるから、綜合的な客観世界は生起、継続、消滅に実在している。しかし生起、継続、消滅を時間的な推移と考えるとその存在は頭の中で考えた想念であるから綜合的な客観世界は、生起、継続、消滅(という時間的な推移)の中には実在し得ない。そして頭で考えたもの具体的でないものの中にも綜合的な客観世界は実在し得ない。

綜合的な客観世界がまだ具体的に実現していないとしても、現実の綜合的な客観世界に変わって自分の考えた世界が具体的に現われるという事は決してあり得ない。



※綜合的な客観世界は五の感覚器官で感じられる具体的なものであり、この世の中においては具体的でない綜合的な客観世界というものは実在しない。
※五の感覚器官を通じて外界の刺激を感受出来るからこそ、「この世の中は実在する」と主張できる。


コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。68歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事