FC2ブログ

中論・7-25頌 安定した状態と霊魂

第二十五頌 安定した状態と霊魂

西嶋先生の訳
安定した状態に頼ろうと、それ以外の状態に頼ろうと、本当の意味での安定は、この世の中のどのような状態によっても管理されるということが絶対にない。

そのような状況の中においては、本当の意味での現象が、主観的な霊魂に根拠を置いているということもないし、客観的な霊魂に根拠を置いているということも絶対にない。




中論を勉強しています
本当の意味での変わらないものは、変わらないと思っているものに頼ろうとそれ以外のものに頼ろうと、この世の中に存在するどのような状態であろうとも任せられるものは絶対にない。

その様な状況であるから、本当の意味でのこの世の中の現象は頭で考えた思い込みで決まる訳ではないし、自分では考える事のない習慣などによって決まるという事も絶対にない。

坐禅をしました
本当の意味での変わらないというものは、変わらないと思っているものに頼ろうとそれ以外の何か頼りになると思っているものに頼ろうと、この世の中に存在する事はない。絶えず変化するこの世の中においてどのような状態であろうともはこの世の中の一切のものを留めておくことは絶対に出来ない。

絶えず変化するこの世の中において、本当の意味での現象つまり現在の瞬間における実情が次々とそして少しづつ変化している現象が、自分で考えた考え方に基ずいている訳ではないし、誰かが考えた考え方に基ずいているということも絶対にない。



*この世の中で変わらないものは何処にもないのだから、たとえ自分自身の実態をありのままに認める事が出来る様になったとしても、それはその瞬間の状態であってその状態がいつまでも続くわけではない。だから自分自身の実態をありのままに認められたからといって、それで仏道が「はい一兆上がり」になるのではない更に仏向上の仏道は続いていく。

*留まることなく変化して行くこの世の中において我々の目の前に広がる現象は、自分の思い込みや具体的な習慣によって左右される事などあり得ないありのままの世界である。



コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。68歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事