FC2ブログ

中論・7-7頌 現実の世界と綜合的な客観世界

第七頌 現実の世界と綜合的な客観的な世界

西嶋先生の訳
この世の中が現に目の前にさまざまの事物を見せているのであり、それらのものが自由自在にこの世の中を作り出している。

もしもこの世の中が現に作り出されつつあるとするならば、まだ生まれていないものが、好ましい事態を離れてこの世の中を形作ることになってしまう。




中論を勉強しています
我々の住む世界はこの世の中が我々の目の前に様々の事物をありのままに見せてくれており、様々の事物が独立独歩に自由自在にこの世の中を作り出している。

もしもこの世の中は現に今作り出されつつあると仮定するならば、この世の中はまだ生まれてもいないものがこの世の中を形作ることになってしまう。

坐禅をしました
我々の住む世界は我々の前に様々な事物をありのままに見せている、そのありのままの事物が因果の法則に従い絶えることなくありのままのこの世の中を作り出している。

もしも現実の世界を無視して自分で考える理想の世界を新しく作り出そうとするならば、この世の中にまだ生まれてもいないものが理屈に合わない法則でこの世の中を形作ることになってしまう。

*この世の中はすでに存在するのであり、全てが因果の法則に従って存在している。何かがどこか我々の知らない世界からやってきて新しく生まれて来る事はない。だから見えない事物が見えるとか聞こえない事物が聞こえるとかという事はこの世の中には決して存在しない、全てはありのままに存在する。

*もしも現実を無視してこの世の中を作ろうとするならば、どんな立派な事であろうと現実離れをして理屈に合わない世界を形作る事になってしまう。



コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

悠村隆道

Author:悠村隆道
ご訪問ありがとうございます。
妻と2人暮らし。68歳。自営業。
自宅で毎日(朝・晩)坐禅をしています。
師事した愚道和夫老師より平成15年「授戒」を受け、平成20年「嗣書」を授かりました。    

最新記事